法人の車庫証明

bspaku_klakkws

通常は個人の場合と特に変わりはありません。

問題は申請者の住所と使用者の住所が異なるような場合です。
例えば、札幌の営業所で車を使用したいが、車両の管理は東京にある本社にしたいような場合です。

この場合、申請者住所が東京となり、使用の本拠の位置が札幌となります。通常は申請者住所と使用の本拠の位置が同住所になるはずなのですが、この場合は住所が異なることとなってしまい、このままでは車庫証明が出ません。

そこで、このような場合には、公共料金などの領収書や理由書を添付することで車庫証明を出してもらいます。他地域では公共料金などの領収書のみでも車庫証明が出るところもあるみたいですが、北海道の場合は理由書の添付が必須となります。理由書につきましては、当サイトからプリントアウトすることもできます。

また、使用承諾書についても少し悩むかもしれません。

使用承諾書の保管場所の位置については、上の例でいうと札幌市の営業所で使用する駐車場の住所を書くのは分かるかと思います。悩むとしたら「使用者」の欄かと思います。

使用者ということを素直に考えると、上記の例だと札幌市の営業所の住所と名称を書きそうになりますが、これはアウトです。

この欄は申請書の申請者名に合わせますので、上記の例の場合、東京本社の住所、名称を書くのが正しい書き方となります。

コメントは停止中です。

お問い合わせ